オンラインキャバクラの副業は稼げる?時給や求人・仕事内容について聞いてみました!

本記事でわかること・・・

・オンラインキャバクラの従来のキャバクラとの違い
・オンラインキャバクラの仕事と時給
・オンラインキャバクラのおすすめのお店
・オンラインキャバクラに必要なもの

最近サンジャポやツイッターで話題に上がっている『オンラインキャバクラ』について時給や従来の天日型のキャバクラと比較して稼げるのか?実際にオンラインキャバクラの店長さんにお話を伺ってみました!

営業の自粛などにより業務の停止、閉店を余儀なくされている夜のお店キャバクラ。もちろんキャバクラだけでなく高級クラブなども営業を停止いている場所も多いハズ。

そこで登場したのがオンライン上で接客ができる『オンラインキャバクラ』というサービス。この今注目のサービスについて気になる仕事内容や時給について調査して行きたいと思います。

夜のお店の自粛で売上が下がった影響でキャバクラのオンラインが誕生しました!でもこれって稼げるの?どうなの?ってところにフォーカスしてみました

結論からいうとオンラインキャバクラでは実力さえあればきちんと稼ぐことは可能です。しかし、お酒を一緒に飲んだり、見ず知らずの人を接客したりするのが苦手な人もいるはず。

そんな方はお酒を飲まずに1:1または1:複数のライブやチャットで稼ぐことができるライブ配信アプリやチャットレディで稼ぐ方法をおすすめします。

 

オンラインキャバクラ(オンキャバ)とは?店舗型キャバクラとの違い

4月上旬あたりからサービスが開始され話題となっているオンラインキャバクラ。このオンラインキャバクラと従来の店舗型の仕事内容などの違いについてまとめました。

ネット上で接客して相手に楽しんでもらうサービス

オンラインキャバクラとはその名の通り、オンライン上でキャバクラとして接待を行いその報酬として賃金をもらうサービス。

従来では接近して接客していたことが今度はオンライン上で行われることになります。後述しますがそれによるメリット・デメリットも発生します。

SkypeやZOOMなどを使いテレビ電話でお話する

オンライン上でのやり取りは主にSkypeやZOOMなどのオンライン上で画面を共有することができるツールを使います。

昨今ではZOOMなどが『オンライン飲み会』などで使われ、ビジネスシーンだけでなくプライベートなどでも活用されいます。

Skypeも昔からあるツールでオンライン英会話などのツールとして使われてきました。

シャンパンを入れてもらうなの行為はない

オンラインなのでビールを入れてもらったりの行為はありません。ボトルキープも無ければ、シャンパンもないので売上によるインセンティブは実店舗よりも低いです。

かわりに無理やりお酒を飲ませられたりされることがなく自分のペースで飲むことができるので体にはよさそう。

煩わしい人間関係がない

キャバクラの実店舗でたびたび問題になる女の子同士の人間関係…

店舗内でのキャスト同士の売上争い、妬み、いじめなどが比較的少ないのでオンラインキャバクラの方が人間関係は楽でしょう。

ただし、ツイッターなどを使い集客しているお店もあるので口コミやクレームは表に出やすいので注意!

 

そしてやはり気になるのがオンラインキャバクラの給与体系の仕組みをお話していきます。

 

オンラインキャバクラは稼げる?時給の仕組み

ここからはオンラインキャバクラの時給の仕組みにから紹介していきます。最も気になるのがオンキャバの給与体制。

多くの場合は時給制

オンキャバは通常店舗のキャバクラと同じで時給制、ただしお店ごとに時給はかなり開きがあります。自分で決められるところもあれば、『お店からの提示額』という場所も!

お店によって時給に開きがあるので稼ぐ上ではお店選びは重要な要素になるでしょう。

チップなどがもらえるオンラインキャバクラもある

これはオンラインキャバクラならではの制度なのですが、『チップ制度』があります。厳密に言えば実店舗でもお客様からチップをいただく女性もいるとは思いますがこのオンラインキャバクラでは接客中にチップをもらうことが可能。

お酒の販売のインセンティブがないので実店舗よりも低い

キャバクラの実店舗の場合は指名の他に、ドリンクを入れたり同伴など様々な方法を使いお客様から対価としてお金をいただきます。

前述しましたが、シャンパンなど高額なお酒の売上がないため売上を日に数十万、数百万あげることは難しくそのインセンティブととして爆発的にな時給アップなどが難しくなります。

一見実店舗のキャバクラよりも『稼ぐ』という観点から言えば見劣りしてしまうのが現実。

ただし、オンラインキャバクラの場合はオンラインならではのメリットもあります。

 

【リアル店舗との違い】オンラインキャバクラ3つのメリット1つのデメリット

ここからはオンラインキャバクラのメリット・デメリットに関して解説していきます。『お金』だけに商店を当てると『魅力あるの?』って思いますがオンラインキャバクラの大きな強みについて目を向けて行きましょう。

メリット①:自宅にいながら接客ができる

やはりオンラインキャバクラの最大のメリットとしては自宅にいながらも接客できるという点でしょう。

実店舗の場合は色々な準備をして出勤するだけでも、繁華街付近に住んでいなければ往復1時間程度かかる場合もあります。

とくに副業などでキャバクラ勤務している場合

・仕事が終わってお店に出勤する
・お店から自宅に帰ってくる

この時間が短縮できるのは多きなメリットかもしれないですね。

 

メリット②:体を触られたりセクハラがない

オンラインキャバクラの場合はテレビ電話越しに相手をお話するので

・キモいおっさんに触られない
・口がくさいおっさんと喋らなく良い
・加齢臭を嗅がなくてよい

などのメリットがあります。

日々接客で足を触られたり胸を触られたりして、そらがストレスになることは少なくなるでしょう。

ただし、画面の向こう側でもセクハラ発言してきたりくる男性もいるかとは思います。その時は画面をオフにして切ってしまい運営に報告することも可能なお店もあるので、実店舗より女の子の身の安全は守られていると言えます。

 

メリット③:お酒を無理やり飲まされることはない

これは前述しましたが、お酒のサービスがないので高額なシャンパンを入れてもらいガンガン飲んでガンガン頼んで稼ぎまくるということが不可能になります。

逆に日々売上が伸びず、精神的に疲れてしまう方の場合にはリアル店舗よりも精神衛生上よいかもしれませんね。

デメリット①:一攫千金を狙うのが難しい

お酒を無理やり飲まされることが少ないない反面、爆発的な売上をあげることができなくなるため月収100万以上を稼ぐのは少し難しくなるでしょう。

ただ、時給数1000円以上は基本的にもらえるので副業や日々の生活費の足しにする分のは困らないのではないでしょうか?

でもどうすればオンラインキャバクラの求人を見つけることができるでしょうか?

 

まだネット上ではオンラインキャバクラの情報があまり多くないため、確認できるオンラインキャバクラのサービスを紹介していきたいと思います。

 

おすすめのオンラインキャバクラ時給比較!稼げるオンキャバはどこ?

おすすめのオンラインキャバクラを比較してみました!

画像
名前 ズムキャバオンライン オンラインキャバクラ 澪 premium
時給 時給1200円以上で自分でも設定可
種類 オンラインキャバクラ オンラインキャバクラ オンラインキャバクラ
特徴 ・セット料金が他より高い設定
・女の子のレベルが高い
・サンジャポで取り上げられた
・スカイプやラインも使える
・即日払い可
・時給は安め
・現役キャバ嬢が多い
・スカイプやラインOK
・支払いは15000円溜まってから
勤務形態 zoomで接客 オンラインで1:1の接客 オンラインで1:1の接客
リンク ズムキャバ!オンライン公式 オンラインキャバクラ澪 premiumを見る

 

オンラインキャバクラ澪

お店の名前 オンラインキャバクラ澪
使うツール ZOOMやSkype
時給 1200円以上
報酬の支払いスパン 当日も可

オンラインキャバクラの澪。

企業の運営ではなく、個人で運営しているオンラインキャバクラ。

店長さん自身も出勤しているのが特徴。

店長さん自身もめちゃくちゃ美人でとある界隈ではかなり有名。一般人だけどフォロワー数は5000人以上。

web集客やSNSでの集客を得意としweb上やツイッター上からの集客を狙う。集客に一番力を入れているオンラインキャバクラなのではないでしょうか?

仕事内容

・ZOOMやSkypeによる接客
・ツイッターなどによる集客(任意)

キャバクラオンライン専門店『ズムキャバ』

お店の名前 ズムキャバ!オンライン
使うツール ZOOM
時給 調査中、指名料は全額バック、待機中は報酬なし
報酬の支払いスパン 当日も可

先日サンジャポでも紹介されたオンライン専門のキャバクラの『ズムキャバ』というお店。

サンジャポにも紹介されたお店なので知名度的には一番高い。

キャストの女の子も多く在籍し、賑わっていう店なのではないでしょうか?

時給に関しては調査中ですがおそらくお店との交渉になると思います。ただし、指名料は全額バックなのできちんと指名がとれるようになってくると時給は跳ね上がる。

 

オンラインキャバクラで仕事の流れと仕事内容

オンライキャバクラに興味がある方は公式サイトやツイッターから求人に応募して仕事をもらいましょう。

主に使うツールはZOOMなので簡単に使い方を覚えておくといいでしょう。

 

登録後はお店の支持に従い待機

求人からお店への登録が完了したら待機の指示があるので、予約や指名の状況によりその時間は自宅待機やオンラインの環境があるようば場所にいるようにしましょう。

 

実際に指名や予約が入ったら接客

実際に接客する時間が決まったらその時間から接客が始まるのでオンライン上でコミュニケーションをとりましょう。

接客の時間はお店にもよりますが、1セット1時間〜が主流。

 

指名が増えると時給がアップする

お客さんにファンになってもらえばチップや指名をもらうことができるので、時給はぐんぐん上がります。

オンライン上だからと言って適当にやらずに自分の魅力を伝えていけば、お仕事にも繋がるでしょう。

LINEなどの連絡先の交換は必須?

中には連絡先の交換をしたくなくてオンラインキャバクラの仕事をしようとしている方もいるかと思いますが、やはり営業のツールとしてプライベートな連絡先は交換した方が良いですね。

ただし必須ではないのでガンガン営業かけたり、ファンを作りたい方のみでいいと思います。

 

オンラインキャバクラで時給をあげるために最低限必要なもの

オンラインキャバクラという名前の通りオンライン上でやりとりをするので用意しておいた方が良いものもあるのでとりあえず用意しておきたいものを紹介しておきます。

 

webカメラ

オンラインキャバクラでもやはり重要なのはコミュニケーション能力と同時に『みため』です。

PCのカメラを使っても良いのですが位置が固定されてしまうのできればwebカメラなどを購入した方がいいでしょう。

ドレスも必須

オンラインキャバクラは店舗型のキャバクラ同様にドレス着用が必須となっているお店がほとんどです。

ローコストで始めることができますが、ドレスを持っていない方がいればレンタル、または購入した方がよいでしょう。

 

SNSなどのツール

オンラインキャバクラの場合は店舗に来てもらい接客して、指名をもらえるわけではありません。

お店でお客さんをつけてもらうことはできますが、SNSの扱いが上手ければネット上で集客することも可能です。

ツイッターやインスタグラムは愚痴を言ったり、映えで承認欲求を満たす道具ではなく立派な集客ツールなので活用することで時給アップにも繋がります。

 

オンラインキャバクラは自粛期間中に慣れていくのもあり

自粛で登場したオンラインキャバクラという仕事の形態。

おそらく自粛は長引き、実店舗のキャバクラはどんどん減っていくと思います。その中でどう生き残るか模索した結果がオンラインキャバクラなのだと思います。

今はあまり認知度が高くないですが、もしこれが広がっていけばライバルがどんどん増えていくことでしょう。

その前にきちんとオンラインキャバクラに慣れ、今後登場するライバルに差をつけておくと良いのではないでしょうか?

同じような仕事にライブ配信やレディチャットなどもあるので女を武器にしオンライン上で稼ぎたい方にはこれらもおすすめ。

Copyright© Live Streamer News|『配信で稼ぐ』に特化した情報メディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.